9月「~森と棚田の保全活動~棚田学校・一日体験」を実施しました!

いよいよ収穫を迎え、角間の田んぼの稲刈りとハサがけ作業を行いました。午前中は主にイネを刈って、昨年のワラを使って束ねる作業を行いました。また、午後には束ねたイネを運んでハサにかける作業を行いました。たわわに実ったイネはずっしりと重い!うれしい悲鳴をあげながら、ハサと田んぼを何回も往復していました。参加者同士、助け合ってすべての作業を終えたあとは、田んぼが少しさみしくなりましたが、代わりにハサが黄金色のカーテンとなり、角間の棚田に色を添えていました。

コメントは受け付けていません。