11月「樹形を活かしてほうきをつくろう」を実施しました!

講師は、ほうき職人のフクシマアズサさん。
森で枝を拾い、ほうきの柄として、ほうき作りをしました。
参加された方は、女性が多く、作ったほうきをこんな風に使いたい!というイメージをしながら、それを講師に伝え、思い思いのほうきをみなさん作って帰られました。
昔ながらの手仕事の体験を通し、暮らし方を見つめ直したり、自然を生活に取り入れる試みが、少しずつでも続けていければいいなと思いました。

コメントは受け付けていません。