1月 森工塾「木彫りの器づくり」を開催しました!

新年最初の講座は「木彫りの器」づくり。山から伐り出したコシアブラの木を使いました。
半割りにした木を鑿で削って内側を刳り抜きます。
アイヌに伝わるニマや、縄文時代の木器など、ヒトは昔から木を刳り抜いて器をつくってきました。
そんな昔に想いを馳せながら器づくりを楽しんでいただきました。
お魚の形に削り出した人、楽しすぎて削りすぎちゃった人、削っているうちにどんどん形が変わってきた夫婦など、皆さんそれぞれ木と向き合う時間を過ごしていただきました。

★詳しくはコチラ

コメントは受け付けていません。