自然にふれる、木にふれる!『森工塾』募集中(3月)

森工塾「シュリンクポットづくり」
日時:3月7日(土)9:00-17:00
場所:古城山ふれあいの森
対象:中学生以上
定員:8名
参加費:5,000円

【内容】
シュリンクポットとは生木の特性を生かした手法でつくる容器のこと。木の塊にドリルで穴をあけナイフで筒状に削ります。その内側に乾燥した板をはめると、生木の筒が縮み板が締め付けられて底板になります。様々なナイフワークも学べる講座です。

森工塾「足踏みろくろで木の器づくり」
日時:3月15日(日)9:00-17:00
場所:古城山ふれあいの森
対象:中学生以上
定員:5名
参加費:6,000円

【内容】
伐採したばかりの森の木を足踏みろくろで削って、ちいさな木のボウルをつくります。刃物を当てる角度がピタリと合うとシュル~っと細長い削り屑が出て気持ち良く削れます。少人数制で、丸一日時間をかけて足踏みろくろと向き合う本格講座です。

森工塾 ほだ木づくりから収穫まで「舞茸原木栽培」連続講座3日目
日時:3月1日(日)10:00-15:00
場所:古城山ふれあいの森
対象:どなたでも
定員:20名
参加費:連続講座6000円、3月1日のみは3000円

【内容】
森の整備で伐った木を使った舞茸の原木栽培の連続講座。秋には天然舞茸にも劣らない美味しい舞茸が収穫できます。3日目は煮沸殺菌の処理を済ませた原木に舞茸の菌を接種します。

★詳しくはコチラ

コメントは受け付けていません。