4/21「森の恵みを味わう/春・山菜編」開催報告!

■4月21日「森の恵みを味わう~春・山菜編~」

今年一回目の講座のテーマは「山菜」。

古城山ふれあいの森を歩きながら、道すがらのおいしく食べられる野草を採取します。
講師は森林文化アカデミーの柳沢先生と、津田先生。

この日は真夏日予報のとおり、とても暑い一日でしたが、
みんなで長い時間山を歩き続けてもへっちゃらなくらい、先生のトークが楽しく、
新しい発見、「こんなものも食べられるの!」という目から鱗もたくさん。

植物の見分けはもちろん、「この植物は、この食べ方がおいしい!」というところまで教えてくれます。今回採ったのは「セイヨウタンポポ、カラスノエンドウ、リョウブ、タチツボスミレ・ツボスミレ、コシアブラ、カキノキ、チャノキ、フジ、イタドリ」

定番の天ぷらはもちろん、リョウブはごはんに混ぜて、コシアブラはチヂミ、イタドリはジャムにしていただきました。

★当日の様子はコチラ
 

コメントは受け付けていません。