自然にふれる、木にふれる!『森工塾』を募集中(3月)

日本伝統のグリーンウッドワーク 有道しゃくしづくり
日時:3月10日(土)9:30~17:30
場所:番屋2号館(美濃市吉川町)
内容:江戸時代後期から岐阜県飛騨地方でつくられえきたホオンキで出来た木杓子。
   生木を鉈(ナタ)や出刃包丁で成形し、最後にすくう部分を独特の湾曲した
   刃物でえぐりとって作ります。刃物の跡が美しく、お鍋やフライパンを傷付け
   にくい、気配りの効く調理道具です。
対象:どなたでも
定員:8名
参加費:5,000円
⇒詳細はコチラ

 

 

 

 

竹ひごからつくる竹細工講座 そばざるづくり
日時:3月17日(土)・18日(日)9:00~17:00
場所:古城山ふれあいの森(美濃市吉川町)
内容:竹の種類や竹細工に適した竹の見分け方、伐り旬など竹細工の基礎知識を学び、
   丸竹を割るところから始める本格的な竹細工講座です。
   竹割り鉈(ナタ)や切り出し小刀を使って竹ひごをつくり、ゴザ目編みのそば
   ざる(直径24cm)を編みます。
対象:どなたでも
定員:10名
参加費:10,000円
⇒詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。