ろうきん森の学校15周年記念イベント開催します

「自分として生きること」をみんなで考える会
 -森のそばで暮らす中で見えてきた世界-
(ろうきん森の学校 15周年記念イベント)

「自分として生きる」ってなんでしょう?

好きなことをする。
素直な姿勢を貫く。
他人にも自分にも嘘をつかない。

色んな考え方があるかと思います。

「自分として生きる」ってなんだろう?
働きながらできるの?
お金と時間とのバランスは?
そもそも「自分として生きる」必要ってある?

そんなことを、ちょっと変わったゲストとともに、みんなで考えませんか?
ゲストは、好きを仕事にしたり、小さな生業を複数持ったり、地域での実践的な学びの場を創ったり。
専門分野もフィールドも異なるゲストたちの共通点は、森のそばで暮らしを創った経験があること。
森のそばで「自分として生きること」を実践・体得し、都市や里で生きるゲストたちがきっと小さなヒントを与えてくれるかと思います。

みなさんといい時間を一緒に過ごせること、楽しみにしています。

——————————————————————-
■イベント名
「自分として生きること」をみんなで考える会
-森のそばで暮らす中で見えてきた世界-
(ろうきん森の学校 15周年記念イベント)

■日時
2020年2月16日(日)13:00~16:30
(12:30会場オープン、13:00イベントスタート)

■会場
アーツ千代田3331(コミュニティスペース)
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
https://www.3331.jp/
(東京メトロ銀座線 末広町駅より徒歩1分
東京メトロ千代田線 湯島駅より徒歩3分
都営大江戸線 上野御徒町駅より徒歩6分
JR御徒町駅より徒歩7分
JR秋葉原駅より徒歩8分)

■参加費
無料
※イベント後の交流会参加の方は4,000円

■定員
60名(先着順)

■お申込み方法
申込みフォームにてお申し込み
https://pro.form-mailer.jp/fms/4a3f7d5d184568

■スケジュール
・13:00-14:40
各ゲストによる「自分として生きること」に関するお話
・15:00-16:30
参加者どうしの雑談ディスカッション
※各ゲスト、運営者がグループファシリテーション
・17:00-19:00
参加者交流会【参加自由】
有機野菜やジビエなどの森の恵みを楽しみながら、ゲストや参加者と交流します(4,000円、当日現金)。

■ゲスト
・信岡 良亮 氏
同志社大学卒業後、東京でITベンチャー企業に就職。Webのディレクターとして働きながら、大きすぎる経済成長の先に幸せがあるイメージが湧かなくなり、2007年6月に退社。島根県隠岐諸島海士町という人口2400人弱の島に移住し、2008年に株式会社巡の環を仲間と共に起業。6年半の島生活を経て東京に活動拠点を移し、2015年5月に株式会社アスノオトを創業。 「地域共創カレッジ」主催のほか、さとのば大学(https://satonova.org/member/)の発起人。

・井東 敬子 氏
旅行会社・国際協力NGO、ホールアース自然学校職員を経て、2006年にリードクライム株式会社(http://www.leadclimb.co.jp/)を起業。田舎で子育てをするために2011年、山形県鶴岡市に移住。2015年に鶴岡ナリワイプロジェクト設立。好きなことで誰かの役に立つ”小さなソーシャルビジネス”ナリワイ起業を普及している。現在、ナリワイ起業講座は、7期目を実施、卒業生約60名。活動は宮城、新潟、岐阜にも広がり、2017年から「ナリワイ全国ネットワーク」づくりに取り組む。

■お問合せ
ろうきん森の学校 全国事務局(NPO法人ホールアース研究所内)
TEL:0544-66-0790
E-MAIL:forest@wens.gr.jp

■主催
ろうきん森の学校 全国事務局(NPO法人ホールアース研究所内)

■協賛
協賛:労働金庫連合会(ろうきん森の学校)

※こちらのフォームからお申し込みください。

コメントは受け付けていません。