【研修は森で】インターン生&内々定者の研修を開催

9月9日、「ろうきん森の学校」とは何かを学ぶべく、
労金連インターン生と内々定者16名が、富士山の麓にやって来ました!

本日の研修テーマは「間伐体験」です。
まずは簡単なゲームで自己紹介をしつつ、チームの結束を高めました

そして、いざ森へ。
2チームに分かれ、「ノコギリ」を使って1本の木を伐り倒しました!
その間、約30分。手仕事で森を管理する大変さを身を以て体感できたのでは?

木を伐ったあと、そこには少し明るいスペースが広がりました。
伐った木の皮をむくと、そこはまだ瑞々しく、今さっきまで水を吸い上げ、
生きていた命を感じられたはず。「ろうきん森の学校」は、森と自分との
距離がちょっと近づく、そんな活動なのです。

最後は、自分たちで切り出した丸太の輪切りに、
就職してからの「目標」を書いて、それぞれ宣言しました。
皆さんの決意が、これからの森づくりに繋がっていきますように。
1ric0018 1ric0108
1ric0128 1ric0152

コメントは受け付けていません。