「ろうきん森の学校」が国連生物多様性の 10 年日本委員会 (UNDB-J)連携事業に認定されました

「森を育む」「人を育む」「森で遊ぶ」を柱に、NPO法人や地域とともに事業を展開している「ろうきん森の学校」は、日本の里山再生をテーマに労働金庫連合会が活動資金を支援し、NPO法人ホールアース研究所を主管団体として、取り組んでいるCSR活動です。 2005年度から、長期にわたって継続的に活動に取り組んできた「ろうきん森の学校」は今般、「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」が推奨する連携事業に認定されました。

事業の概要、認定のポイントはこちらをご覧ください。

UNDB-Jロゴ

「国連生物多様性の 10 年日本委員会(UNDB-J)」は、2010年10 月に生物多様性条約第10 回締約国会議(愛知県名古屋市)で採択された、新たな生物多様性に関する世界目標である「愛知目標」の達成を目指し、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進するために設立されました。そして、生物多様性の主流化に向けた取組みの一環として、各地で実施されている生物多様性の保全と持続可能な利用に関する様々な事業から、UNDB-Jが推奨する連携事業を認定しています。

ろうきん森の学校は、認定を受けて事業主体であるNPO法人ホールアース研究所、支援団体である労働金庫連合会、5地区の現地NPO法人らと共に、引き続き日本の里山再生や生物多様性の保全等の普及啓発にも積極的に貢献していきます。

 

参考WEBサイト

国連生物多様性の 10 年日本委員会(UNDB-J)

事業の認定について

 

 

コメントは受け付けていません。